彩雲じゃない…だと!?環水平アークについて紹介!

Pocket

以前、というかもう1年近く前になりますが、自分が彩雲を見たため、その事についてブログを書きました。

 

彩雲の発生する仕組み。発生しやすい天候やどんな雲に現れやすい?

 

そんな中、今年、というか自分の誕生日である今月の13日に、匿名である方からこの記事に対しコメントをいただきました。

それが、こちらです。

 

 

 

 

 

 

 

・・・マジですか!?Σ(゚д゚;)

 

このコメントを見た時本当にこの顔文字のような顔になりましたとも。

 

僕が見た、”彩雲”だと思っていたものは、

 

実は彩雲ではなく、環水平アークと呼ばれる現象だった

 

とこの方のコメントから知りました!

 

まず、この場を借りて、匿名ではありますがコメントをくださったこの方に感謝の言葉を述べさせていただきます。

コメントをくださり、本当にありがとうございました。

また、教えてくださらなければ今回この記事を書くこともなく、またこれをずっと彩雲だと思っていたところでした。

 

というわけで、今回は僕が彩雲だと思っていたこの現象が環水平アークという現象であった為、この環水平アークについて紹介していきます。

環水平アークについて

環水平アーク(かんすいへいアーク、英語:circumhorizon arc、circumhorizontal arc)とは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの。水平弧、水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない。
(参照:Wikipedia-環水平アークより

 

 

というわけで、これが環水平アークです!!
さすが俺たちのWikipediaさん!!(猛爆)

 

とWikipediaの記事を引用させていただきましたが、虹色の光の帯、というのはまさにその通りであり、僕が撮影したこの光景も、雲というよりも帯と言われればその方が当てはまります。

ただ、実際最初はえぇ~本当でござるかぁ~?と疑問に思っていたのですが、調べていたら、この日に撮影したこの現象は、彩雲ではなく環水平アークであることを証明させる記事があったのです。

 

それは、去年の4月28日に、大手天気サイトであるウェザーニュースが環水平アークが出現したという記事があり、その記事の中には長野県の複数の市町村で撮影された環水平アークの写真がありました。

 

そして、僕が撮影した日も、まさにこの4月28日だったのです。

 

これらのことから間違いなく、これは彩雲ではなく、環水平アークだというのを僕の中で確信しました。

 

その時のウェザーニュースの記事を以下のリンクに載せておくので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

彩雲と環水平アークとの違い

ここまで書いてきて、環水平アークというものについて少しはわかっていただけたかと思いますが、ここからは一体彩雲と環水平アークは何が違うのかということについて紹介していきます。

まず、環水平アークは先ほども少し触れたように、太陽の下に虹色の光の帯が出現している現象の事を言います

 

一方、彩雲とは先ほど紹介した自分のブログでも書いておりますが、彩雲とは、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象のことを言います。

 

 

つまるところ、環水平アークは帯・彩雲は雲というのが大きな違いです。

 

 

これに関しては、Google画像検索で環水平アークと彩雲を交互に見ていただけますと、その違いが大いにわかるかと思いますので、ぜひ以下のリンクから画像として見ていただけると、文字にするよりはるかに理解しやすいはずです!

 

 

 

環水平アークはいつ見れるのか?

この環水平アークは、太陽が高く昇る時期・時間帯にしか出現しないため、3月~9月のお昼前後が観測しやすい時期となります。

つまり、もうすぐこの環水平アークが見れる時期にちょうど入るため、この記事を読んでいただいてうわ見たい!と思われたら、ぜひじっくり空を眺めていただければと思います!

 

しかし、こんな現象長野県みたいな高山地域でしか見れないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、全然そんなことはなく、様々な場所で見えることがよくあり、実際写真や動画等の様々な場所で撮影されたものがありますので、どこでも見れるチャンスはありますよ!

 

 

というわけで、今回はこの環水平アークについて紹介させていただきました。

 

改めて、コメントをくださったこの方には本当に感謝しておりますし、コメントをくださらなかったらこれをずっと彩雲だと思っていました。

 

そして、何よりもこのコメントが来て、環水平アークについて調べていて、これは本当に貴重な経験だったんだなぁと改めて思えました。

このように本当にありがたいコメント、どしどしお待ちしております。
(罵詈雑言はこちらで問答無用に処理しますので)

 

そして、ぜひ皆様もこの環水平アークが見られることを願っております!!!

それでは!!

生活

Posted by naishybrid