ウルトラマンティガは配信にない!現在見る方法を2つ紹介!

2021年3月6日

Pocket

先日、2020年誰も想像しえなかったほどに、放送が終了するたびに土曜の朝の話題をかっさらい、2020年のネット流行語大賞では6位に入るなど、ウルトラマン史上空前のブームとなった『ウルトラマンZ』の放送が終了しました。

改めて、ゼットさん、お疲れ様でした!

 

もちろん、このコロナ禍で作り上げてきたキャスト・スタッフ・関係者の皆様。

そして、この作品を残しウルトラの星へと旅立った脚本家の吹原幸太さん。

ウルトラマンZを作り上げてきた皆様全てに、1ウルトラファンとしてこんな大傑作を作り上げてくれてありがとうございます!と、この場で感謝を述べさせていただきます。

 

そんなウルトラマンZ熱をまだまだ冷めさせない!と言わんばかりに、1月9日から新番組

『ウルトラマン クロニクルZ ヒーローズオデッセイ』

 

がスタートします!

 

ウルトラマンZの活躍に加え、今年で誕生から25周年を迎える『ウルトラマンティガ』をメインに据え、この2作品を中心に展開した総集編的作品となります。

 

ウルトラマンZはわかりますが、まさかウルトラマンティガがピックアップされ、Zと共にキービジュアルに並んでいるということに、ウルトラマンファンの誰もが度肝を抜かれました。

 

これはもちろん大好きだという前提で言わせてもらいます。

そもそも、そもそもですが・・・ティガって25年前のウルトラマンですよ!(笑)

 

それこそ、自分が子供の頃のヒーローだったウルトラマンが、まさか四半世紀もの時を経て、現行ウルトラマンの隣に並び立つなんて、10年前、いや5年前に言われたとしても信じなかったと思います。

 

話は変わりますが、冗談抜きで、今の自分を形作ったのは紛れもなくウルトラマンティガです。

ティガに出会わなければ、ウルトラマンを好きになるのはもちろん、今並行して好きな音楽なども好きにならなかったと思えるほど、自分の好きの全てのルーツとなった作品であり、正直これを取ったら何も残りません。

そのくらい自分に取って大切な作品であり、子供の頃のヒーローが、この時代に、今の子供たちのウルトラマンになる。

そう考えるだけで、涙が出てきます。

 

そんなウルトラマンティガですが、ここで特集されるとはいえ、やはりこの機会に懐かしいから久しぶりに見たいなと思った方も多いかもしれません。

 

しかし!タイトルにもある通り、ウルトラマンティガは今現在、動画配信サービスでは一切配信されていません!!

その原因がなぜかということと、現在ウルトラマンティガを見る方法を2つ紹介させていただきます!!

なぜウルトラマンティガは動画配信サービスにないのか

ウルトラマンティガが動画配信されない最大の理由として、主人公であるマドカ・ダイゴ役の長野博さんの存在があります。

 

ご存知の通り、長野博さんといえばV6のメンバーであり、当時からジャニーズのアイドルがヒーロー作品の主演になるというのは超異例なことでした。

そのため、主人公でありながらなかなかスケジュール調整が難しいところがあったのですが、結果として様々なキャラクターにスポットが当たることとなり、話に深みが出たのは怪我の功名と言えますが。

 

少し話が逸れましたが、ジャニーズといえば、ネットをはじめとした色々なコンテンツに対し規制があり、写真を出してはいけないという暗黙の了解がある。というのは、ジャニーズに詳しくなくてもなんとなくご存知ではないかと思います。

 

ウルトラマンティガもご多分に漏れず、その対象となっており、ウルトラマンティガ本編はもちろん、長野さんが出演しているティガの映画も配信がされていません。

 

もっと言うと、ティガの数年後の話として描かれ、かつ最終話付近で長野さんがゲストとして出演した、ウルトラマンダイナ本編も配信がされていません。
(ちなみにダイナの映画は配信されております。それにはティガも出ていますが、長野さんは出ていない為OKとなっています。)

 

そして、さらに言えば、ティガに出演しているヤズミ隊員役の古屋暢一さんも、ジャニーズであったのですが、退社された後に、一時期ウルトラマン関連の雑誌などから、古屋さんはおろか、ヤズミ隊員というキャラクターそのものの表記が消えているなど、長野さん以上にキツイ規制がされていた時期もありました。

そのため、長野さんに加え、古屋さんの問題も、配信をする際には少なからず関わってきていると感じております。

 

昨今では、ジャニーズに所属している方がSNSを始めたり、Snow ManやSixTONESといった最近デビューしたユニットがYouTubeを始めているため、大分ネットに対しジャニーズが緩くなっています。

そのため、これから配信解禁される可能性も0%というわけではないですが、ただ、それがいつになるかわからないため、今のところ配信でウルトラマンティガを見れる方法はありません。

 

ちなみに、これはあらかじめ言っておきますが、長野さん自身はティガをとても大切にされており、またダイゴとして出れるなら出たいとインタビューなどで語っております。

 

次の項目から、現在ウルトラマンティガを視聴する方法を2つ紹介いたします。

ウルトラマンティガを見る方法

BOXを買う

一番わかりやすく、シンプルな方法としてDVD・Blu-rayBOXを大人買いしてしまおう!という方法があります。

ただし、現在DVD-BOXは絶版となっており、正直DVD-BOXを探すよりBlu-rayBOXの方が簡単であり、かつ安くなっております。

 

なので、あの頃子供だった方は、社会人となっているでしょうから、あの頃の思い出を手元に置いてみてはいかがでしょうか?


TSUTAYAのDVDレンタルで借りる!

ティガは見たいけどさすがに買うまでもないかな・・・という方は、原始的なところになりますが、DVDのレンタルがあります。

 

今更と思われますが、動画配信サービスでないものを見るなら原始的にここに立ち返ってきますし、逆に配信されてないからレンタルに頼るしかない!となった方も、今だからこそ多くなっているのではないでしょうか?

 

当然、ティガも大手レンタルのTSUTAYAにDVDのレンタルがあります。

しかし、立地的にTSUTAYAに行くのが大変という方や、昨今の第3波といえるコロナウイルスの蔓延・そして新種の変異型ウイルスも入ってきてしまったため、年末年始は今以上にステイホームをされる方も多くなったのではないでしょうか?

 

そんな方に、『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)』を紹介させていただきます!

 

このツタヤディスカスは、新規ご登録から30日間無料であり、かつ送料なしでDVDをレンタルすることが出来ます!

 

ただし、月8枚までしかレンタルが出来ないため、ティガのような一年ものの作品では一気見が出来ません。

ですが、全部じゃなくていいからちょっとだけ見たいな~、と思っている方にはうってつけですよ!

もちろん、時間をかけてゆっくり見るのもいいですし、ティガも全部見たから次は続編のダイナも見たいな、と思ったら見ても大いにアリだとウルトラファンから言わせていただきます!

 

もしこのサービスが気になった方は、以下のリンクよりご確認してみてくださいね!

まとめ(一部ネタバレ注意!)

というわけで今回は、ウルトラマンティガを現在見る方法について紹介させていただきました。

 

僕は20代なのですが、おそらく、自分よりもっと年上の方。それこそ50代~60代の方が、ウルトラマンやウルトラセブン。

別のヒーローで言えば仮面ライダー1号や秘密戦隊ゴレンジャーなど、子供の頃のヒーローが未だにポスターなどに大々的に登場し、彼らが未だに子供たちのヒーローになっている・・・と感慨深くなっているのだとしたら、まさにこういう気持ちになるんだろうな。というのを、今僕も感じています。

 

そして、ここからはネタバレになるのですが・・・通年通りいくと、

 


新作ウルトラマンの前にやるこのような総集編は、次回作の布石となるのです。

 

それこそ、ウルトラマンZ放送前にやっていた番組『ウルトラマンクロニクルZERO&GEED』は、ゼロとジードをメインに据えた総集編でした。

結果として、ゼロはゼットの師匠であり、ジードも要所要所で登場し、ジードなくして生まれなかった武器であるベリアロクの誕生にも関わるなど、2人がストーリーに大きく絡むこととなりました。

 

さらに、この番組にウルトラマンオーブに登場したジャグラス・ジャグラーが出演したのですが、当時はなんで?と思っていたら、いざフタを開けてみたらまさかZでジャグラー、いやヘビクラ隊長が八面六臂の大活躍をする。というのは、見ていた側からしても露とも思わなかったでしょう。

 

このように、ここ数年、このような新作までの間に挟まれる総集編的番組は定番となっており、かつ次回作のウルトラマンはここで登場するウルトラマンと大きく関わる!というお約束も生まれました。

 

なので、Zは最新ウルトラマンなのでピックアップされるにせよ、ティガがここで選ばれたということは、次のウルトラマンはティガと大いに関わりがある?とされています。

 

ただ、それがどのような形で繋がるのか不明であり、かつティガは、もう冗談抜きで本当に色々なことをやっています。

ティガの過去・歴史・闇堕ち・ダイゴの息子・別世界のティガetc・・・もうほぼほぼ過去にやり尽くした!と言ってもおかしくはないほど、あり得たかもしれない可能性・ifを既にもう全部やっているのです。

 

ただ、我々が予想もしていないことを最近の円谷プロは常に仕掛けてくれているため、来年どんな形でティガが関わるか。
その発表を一ファンとして待ちたいと思っています!

それでは!

特撮

Posted by naishybrid