#30DaySongChallenge 27日目の3曲を選んでみた!

Pocket

#30DaySongChallenge

 

 

本日は27日目となります。

 

この話とは別になりますが、昨日ブログの方の設定をいじっていたところ、今朝から半日ほど、ブログを書くことはおろか、ブログそのものがアクセスできない状態となり、本当にヒヤヒヤしました。

 

こうして書いている現在は何ら問題なく見れていますが、改めて、ブログを普通に更新出来ることがどれだけありがたいことか、そして改めて取り扱いに注意しなければならないと実感させられました。

 

とまぁ、運営的な面の話はここまでにしておいて、本日もまた、紹介をさせていただきます!!

27日目のお題は?

27日目のお題は

A song that breaks your heart

とあります。

日本語に訳すと

心が砕かれる曲

となります。

 

・・・そんな曲ある???

 

 

そもそも、心が砕かれる、という状態がいまいちピンと来ないのですが、例えば失恋や悲しいこととしましょう。

それは様々な出来事からくることであり、音楽でこうなることはまずありえないですし、そういった心の傷を癒すために音楽があるのだと思うのですが・・・

 

とまぁ、色々疑問がわいてくるのですが、それでもテーマはテーマなので、心が砕かれる、という元に、3曲選んでいきます。

僕が選んだ3曲

supercell『君の知らない物語』

失恋的な意味で、この曲を選びました。

アニメ『化物語』のエンディングテーマであり、10年以上前の楽曲ですが、未だにアニメファンから根強い人気を誇っている楽曲です。

 

現在の視点から、過去の学生時代の、恋をしていた自分を振り返っているこの歌詞は、過去にそういった恋愛をしていても・していなくても、誰もがその情景を頭の中で思い浮かべられるこの一曲は、supercellを代表する一曲となりました。

 

というより、この曲が出たのがもう10年前、いや11年前になるんですよね・・・時の流れは残酷だと改めて感じます・・・


LINKIN PARK『One More Light』

先日も紹介したLINKIN PARK。

そのボーカルであるチェスター・ベニントンが亡くなる直前に発表されたアルバム『One More Light』
その表題曲となります。

 

元々は、所属レーベルのスタッフであり、メンバーの友人でもあった方に向けて作られた楽曲でしたが、チェスターが亡くなった後に聞くと、この曲はまるでチェスターが自分自身の事も歌っているようにも聞こえ、発売された直後と今では、感じ方がガラッと変わった一曲です。

 

この曲を聞くたびに僕はチェスターの事を思い出しますし、なんでこんな素晴らしい声をもつアーティストが、自殺という道を一番に選択してしまったのか・・・と思い、悲しい気持ちになってしまう楽曲です。


LINKIN PARK公式配信

BRAHMAN『霹靂』

2011年の東日本大震災以降、最も精力的に動いていたバンド、BRAHMAN。

それまで行ってこなかったMCも行うようになり、ボーカルのTOSHI-LOWさん自身が見てきた東北の様子を語り、その言葉に誰もが胸を打たれました。

かくいう僕もその当時にBRAHMANに触れ、そこからずっと自分の人生の中で好きなバンドの5本の指に入るほどに好きになっていきました。

 

そして、その当時に発表されたのが、この楽曲でした。

 

元々、それ以前からライブでも度々披露はされていましたが、3月11日以降に聞くと、まるでTOSHI-LOWさんがこの日が来ることを分かっていたかのような内容となっており、僕のように、これがきっかけでBRAHMANを好きになった、という方も多いはずでしょう。

 

まさに今も、この曲のように、それまで当たり前だったことが、当たり前ではなかったという現実を突きつけられていますが、それでも生きていかなければならないのだと思います。

 

変わらない日常

変わらない世界

変わらない自分

本日、晴天の


NO FLAMES公式配信

 

 

というわけで、僕の中で悲しみや失恋などで心が砕かれる3曲を紹介させていただきました。

 

最後の方に、どえらい難しいテーマが来て困りました・・・

ただ、冗談抜きで残りあと3回となりました。

最後まで、ご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

それでは。

音楽

Posted by naishybrid