#30DaySongChallenge 13日目の3曲を選んでみた!

Pocket

#30DaySongChallenge

 

 

その13日目となります。

本日もまた、こちらの画像の13日目のお題の楽曲を3曲紹介していきます。

 

が、正直、人によっては、今日この日は鬼門の一つだと思います。

それはなぜか、ということも含めて、13日目の3曲を紹介していきます。

13日目のお題は?

まず、13日目のお題は

A song you like from the 70s

とあります。

日本語に訳すと

70年代で好きな曲

となります。

 

これ・・・冗談抜きで、人によっては難しいのではないでしょうか?

 

それこそ、70年代が青春の人なんて、それこそもう歳いくつよ・・・という話ですし、僕のような20代は勿論、30代の方でも70年代の曲を知っている方なんてそんなに多くはないでしょう。

 

そのため、僕も70年代は凄くわからなくて、困りに困り、悩みに悩んだ挙句・・・今日のこのテーマに対して僕が選んだのは以下の3曲です。

 

僕が選んだ3曲

武村太郎・少年少女合唱団みずうみ『ウルトラマンタロウ』

70年代の曲わからないです!

この曲が阿久悠さん作詞で最初のタロー!ウルトラマンナンバーシックス!でもうテンション上がってしまうなんて言えない!!

 

・・・というわけで、ウルトラマンタロウのOPです。

ウルトラマンシリーズの5作目にあたり、今作はとにかく明るい作風とファミリー感が前面に打ち出され、それまでのウルトラマンシリーズとは打って変わった爽やかさや、ファミリー感ならではの親しみを覚えやすい作品とも言えるでしょう。

 

また、防衛チームのZATも防衛組織としての姿はもちろん、コミカルな作戦や今日カレー食ったやついるか?という質問をした後に食べた人間をパトロールに行かせるなど、これまでの防衛チームにはないような雰囲気が全面に打ち出され、今でいうホワイト企業、いやホワイト防衛軍・・・!と言えます。

 

そんなタロウ放送から40年以上経ち、まさかこの数年フィギュアになるわ度々ニュージェネレーションヒーローズのパワーアップアイテムとして使われる、そして終いには息子が生まれるなど、ある意味この7、8年、陰でウルトラマンシリーズを支え続けてきたのは、タロウと言ってもおかしくはないでしょう。


子門真人『ロンリー仮面ライダー』

ウルトラマンと来たら、次は仮面ライダーでしょう。

 

というわけで、初代の仮面ライダーで、最後のEDとして使われていたこのロンリー仮面ライダーをチョイスいたします。

 

人間の自由のために戦う仮面ライダーの、内に秘めた寂しさや悲しさを歌ったような歌詞は、それまでのどのEDとも違い、ヒーローソングながら寂しさを感じ、仮面ライダーが持つ悲しみを感じられる一曲となっています。

 

後年、ウルトラマンVS仮面ライダーという作品で、この曲を元に作られた公式MADのような映像があるのですが、1号・2号以降に生まれたどの仮面ライダーにもピッタリとはまり、個人的な意見ですが平成を越え令和となった今でも、どの世代の仮面ライダーにもハマる、永遠に歌い継がれる仮面ライダーのテーマソングだと僕は感じております。


ささきいさお・堀江美都子『進め!ゴレンジャー』

当然、最後に来るのはスーパー戦隊でしょう!

 

というわけで、仮面ライダーと同じく、石ノ森章太郎先生から生まれた秘密戦隊ゴレンジャーの主題歌をあげさせていただきます。

 

王道のヒーローソングというような壮大なサウンドと、各メンバーの色を上手く歌詞に混ぜ込み、今でもアニソン界のレジェンドとして君臨するささきいさおさんと堀江美都子さんの2人が雄々しく歌い上げ、聞いていて心の温度がどんどん上がっていくのがわかる曲となっています!

 

単体でも素晴らしいのですが、個人的に、『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー 大決戦』という作品の終盤に、この曲がBGMとして流れだした瞬間、ブワッと鳥肌が立ち、なんてすばらしい選曲なんだ!と映画館で見ながら興奮したのを覚えております!

なので、ここ最近戦隊にハマった!という方がいて、まだこの作品を見たことがないという方がいらっしゃいましたら、ぜひとも見てほしい作品です!
というかもう、頭から泣きます!!


 

 

というわけで、本日も3曲紹介させていただきました。

 

本当に・・・こういう時に特撮が好きでよかったと本気で思います(猛爆)

 

今の方からするともう古臭い作品になってしまうのかもしれませんが、タロウも仮面ライダーもゴレンジャーもどれもこれもが今見ても面白く、また同時に考えさせられるものがあります。

もちろん、ここにあげていない70年代の特撮作品も数多くありますし、またそれぞれに良い曲が沢山あります。

なので、おうちにいる時間が多い今こそ、原点に立ち返るような気持ちで、古き良き特撮作品に触れてみるのはいかがでしょうか?

それでは。

音楽

Posted by naishybrid