#30DaySongChallenge 7日目の3曲を選んでみた!

Pocket

ついに1週間連続で続きました。

#30DaySongChallenge

 

 

本日もまた、こちらの画像の7日目のお題の楽曲を3曲紹介していきます。

7日目のお題は?

まず、7日目のお題は

A song to drive to

とあります。

日本語に訳すと

運転中に流したい曲

となります。

 

このお題に対して僕が選んだのは以下の3曲です。

僕が選んだ3曲

降谷建志『Stariway』

Dragon Ashのボーカルとして有名な降谷建志さんのソロプロジェクトの楽曲。

 

Dragon Ashの時のミクスチャーサウンドとは違い、Kjではなく降谷建志自身の音楽性を大きく前面に打ち出し、突き抜けるような爽やかなサウンドは普段うるさい音楽を聴かないような方々もすんなり受け入れられるようなサウンドとなっており、この人のクリエイティブなマインドとスピリットにはただただ感服するばかりです。

Dragon Ashを知ってる人も知らない人も、ぜひとも聞いてほしい楽曲です。

むしろ、Dragon Ashでワーッと暴れるのが好きな方にこそ、個人的には聞いてほしいとも思っております。

 

また、録音時に弾いているギターやドラム、ベース等の楽器も、全て降谷さんお一人で弾いており、いくらソロとはいえ、ここまでする人はそうそういないでしょう。

 

ちなみに、現在このソロ名義でライブを行う時は、『Kj and The Ravens』というバンド名でライブを行っています。

Ravenとはワタリガラスという意味であり、メンバーもPay money To my PainのPABLOさんや山嵐の武史さん、同じDragon Ashの櫻井誠さん等をバックメンバーに従えており、音源もですがライブもまた必見です。


降谷建志公式配信

The BONEZ『SUNTOWN』

個人的な話なのですが、去年、免許を取って6、7年振りに運転をし、そして通勤のために一人で運転するとなったときに初めて車の中でかけたのはこの曲でした。

それ位、自分の中で車の運転の際のテーマソングとなっているといっても過言ではない一曲です。

 

仲間との絆を歌った楽曲であり、一緒に遊ぼうぜ!というポジティブなメッセージが込められており、この曲がきっかけで当時それまで出ることがなかったテレビの音楽番組への出演もする等、The BONEZの代表曲となった一曲です。

 

度々ライブでこの曲は聞いているのですが、中でも去年唯一見たThe BONEZのライブが屋外であり、時間帯もちょうど夕方時であったため、SUNTOWNのライブ中にちょうど西日がボーカルのJESSEさんに差していました。

まるで、このPVを追体験をしているかのような、夕日とThe BONEZが合わさったあの景色を、僕は一生忘れないです。


The BONEZ公式配信

TM NETWORK『Get Wild』

もはや説明不要。

夜のドライブで聞きたい曲断トツのナンバーワンです。

アニメ『シティーハンター』のEDとしても有名であり、去年はシティーハンターの新作映画が公開されたことにより、より認知度が高まったかのように思います。

 

30年以上も前の楽曲であるにも関わらず、前衛的なサウンドはいつ聞いてもカッコよく、かつどこか哀愁も漂わせるサウンドはまさに小室哲哉ここにあり!としか言えません。

 

本当にいつか小室哲哉さんが戻ってきてTM NETWORKが復活した暁には、この曲を生で聞きたいと願うばかりです・・・


Sony Music (Japan)公式配信

 

というわけで今回も、7日目のお題に対し、僕が選んだ3曲を紹介させていただきました。

 

こう並べてみて、そのように意図して選んだわけではないのですが、時系列的に朝→夕→夜となっており、時間帯事に聞ける楽曲を我ながら上手く並べたなぁと思っています(笑)

 

というわけでこれで1週間が過ぎたため、明日からはいよいよ2週目に突入していきます!

明日からもどうぞお楽しみに!

それでは!

音楽

Posted by naishybrid