来年1月1日からFire TV StickでYouTubeが観れなくなる!対策法は?

2019年5月4日

Pocket

皆さんこんにちは。

本日の記事は本来、違う内容で書こうと思ったのですが、今朝、こんなとんでもないニュースが飛び込んできましたので、内容を変えてこちらの事について書きます。

このニュース、かなり衝撃的でした。

元々、AmazonでChromecastが販売されていないことは知っていましたが、ここまで確執がある事は知らなかったです。

そして、Google側がここまでの強行政策を取ってくるのも予想外でした・・・

この記事を読む限り、Amazon側がGoogle側に対し頑なな姿勢を取っているような内容ですが、本当のところはどうなのかは分かりません。

ただ、これから結果がどうなるにせよ、今は我々消費者側、特にFire TV Stick等を使っている側からすれば、これはとんでもない痛手です。

僕などは特に、洋楽のバンドのフェスに出演した際のライブ映像等がYouTubeにまるっと上がっていることも多く、それをテレビの大画面で見ることが楽しみなので、割と本当に困っております。

なので今回は、Fire TV StickやFire TV Stick外でYouTubeを見る方法を思いつく限り紹介したいと思います。

2019年5月4日追記

現在、AmazonとGoogleは和解し、お互いがお互いの製品や映像コンテンツ等のサービスを提供することとなりました。

詳しくは、以下の記事に提供するサービスの内容やどうしてここまで対立があったのかというのが詳細に記されていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

なので、この記事は正直もう何の役にも立たないのですが、当時こんな事があったんだという一種の備忘録として残しておきます。

Fire TV Stick内のSilkかFirefoxアプリを使う

(2017年12月30日追記)
現在、Fire TV StickのYouTubeアプリを起動すると、SilkかFirefoxのアプリどちらかでYouTubeを開くか選択されます。

この際、Fire TV Stick内にSilkかFirefoxのアプリを入れてないと起動出来ないため、どちらかを入れてください。

僕は基本、Firefoxの方が使い慣れているので、FirefoxのアプリでYouTubeを開いています。

使い勝手はほぼ変わりませんが、唯一、ホーム画面に戻る際、これまではリモコンの戻るボタンを使えばよかったのですが、Firefoxアプリで開くYouTubeは、Fire TV Stickのリモコンのホームボタンを使わないとトップページに戻れないため、そこだけ気をつけてください。

PS4、PS3等のゲーム機を使う

おそらく、僕が思う中で最も簡単な方法だと思います。

PlayStion Storeから、YouTubeアプリをダウンロードするだけですので、一番簡単です。当然ですが、アプリ自体も無料です。

動作環境も、Fire TV Stickで使われている環境とほぼ同じですので、Fire TV Stickを使っているユーザーならば、これまでとほぼ変わらずに使えると思います。

また、コントローラーで文字を打てるというのは、むしろFire TV Stickのリモコンを使うよりも楽ですので、ある意味YouTubeをテレビで一番見るのに適しているとも思えます。

ミラーリング機能を使う(Android端末をお持ちの方のみ)

上に挙げたゲーム機をお持ちではない方で、XperiaなどのAndroid端末のスマートフォン等を持っている方でしたら、Fire TV Stickを使い、テレビとミラーリングすることができます。
ミラーリングというと少し難しいかもしれませんが、プロジェクターとスクリーンの関係、と言えばわかりやすいでしょうか?

この場合、プロジェクターがスマホ・スクリーンがテレビ、の役割を果たします。

このミラーリング、やり方はとても簡単です。


①Fire TV Stick側の設定からディスプレイとサウンドという項目を開き、ディスプレイミラーリングを有効にする。という項目を押す。

②お手元のスマートフォン側の設定アプリからScreen Mirroring(端末によってはMirror Sharing等名前が異なるため、初めて使用される際にはあらかじめ確認をしておいてくださいね。)をタップ。

③テレビでスマホ画面が映し出されれば完了。

以上となります。

これはスマートフォンで今見ている画面がそのままテレビに映るので、YouTubeだけでなく、スマホゲームやShowroomやSPACE SHOWER TV公式アプリ等の専用のアプリでしか配信しない番組などもテレビに映せるため、様々な目的で使用することができます。

ただし、これを使いすぎると、電池の消耗が早くなるのと、スマートフォン自体の持つ熱がとても高くなるので、そこだけは気をつけてください。

いかがだったでしょうか。上記に挙げた方法、試せる皆様はぜひ試してみてください。
まだ少し期間はありますが、読んでいる皆様の動画ライフが損なわないことを祈るばかりです。
また、AmazonとGoogleが少しでも和解し、我々消費者側に少しでも良い結果になる事を望むばかりです。

それではまた。